HOME > 熊高組で働く

建設業とは?

建設業は大きく分けると「土木」と「建築」に区分されます。仕事の内容には大きな違いがあります。
土木工事は、道路やトンネル、河川や橋、水道などのインフラ整備(社会資本整備)があり、私たちが生活するために必要な生活基盤を整備する工事です。その多くは、公共工事として発注されています。
土木一式工事は、「総合的な企画、指導、調整のもとに道路、河川、水路、その他の土木工作物を建設する工事」と定義されています。

仕事内容

熊高組での仕事は、道路や橋など構造物に携わる施工管理を行います。
施工管理とは、現場監督という言葉を聞いたことがあると思います。
設計図を見て、構造物を決められた期間内に安全に造ってくために、安全管理、工程管理、品質管理を行い、設計図通りに工事が出来ているか確認し(出来形管理)、工事の過程について記録に残し(写真管理)総合的に工事を円滑に進めていく仕事です。
 特に建設業という仕事は、一人で作業することはまずありません。協力業者の方、専門工事業者や職人と一体となり、一つのプロジェクト(建設構造物)を作っていきます。
工事に携わる全員の段取りを行い、調整することが主な業務内容と言えるでしょう。
 工事現場は、似たような工事はあっても全く同じ現場はありません。気象条件や、構造物の規模、現場条件などが異なるためです。
そのため、工事が無事故で完成したときの達成感はたまりません。また、構造物は地図にも記憶にも残ります。
 当社では、先輩の技術職系社員のもと、OJTにより現場での施工管理手法を学び、資格(土木施工管理技士)の取得をめざして、現場を任せるシステムとなっており安心です。

先輩社員の声

2018年に入社しました。
 現在は、先輩社員の下で測量の補助や書類整理の手伝いなどをさせていただいています。
測量は工事の進捗に関わるとても重要な作業になるので、日々緊張感と責任感を持ちながら現場作業に当たっています。
 現場事務所でも、様々な書類の様式や書き方、図面の見方など丁寧に教えていただいています。
 また現場では、重機のオペレーターの方々や様々な職人さん、地元の方々とコミュニケーションをとる機会が多く、色々な話を聞くことができるので毎日が充実しています。
 建設業の魅力は、自分達がつくったモノが後世まで残ることがあること、そして何より現場関係者全員が「完成」と言う目標に向かってお互いに協力しあい達成の喜びを分かち合えるところだと思っています。
今後もその一員となれるように、熊高組に入社して良かったと胸を張って思えるように頑張っていきます。




2010年に入社しました。
工事の施工のため、測量(構造物の位置を出して設計図通りに出来るように段取り及び確認を行う)に取り組んでいます。
測量は、工事を進めていくにあたりとても重要なポジションなので、とてもやりがいと責任感を感じます。
近年では、情報化が進み測量機器とパソコンを連動できるため、業務の効率化が図られとても便利です。
 また、職人さんを相手にすることも多く、コミュニケーションを取りながら円滑に進めることは、楽しいです。
構造物が完成するまでの過程は、完成に近づくにつれて、ワクワクします。
完成した時は、とても達成感を感じます。
建設業の魅力は、「この道路は自分が造ったんだ」と自負できるところです。
そして、何より地元の皆様をはじめ多くの人に喜んでもらえるところです。
今後も、現場を任せてもらえる技術者となり、地域発展の一翼を担えるように頑張ります。

募集要項

募集職種 技術系
職務内容 施工管理(施工・計画・測量)
応募資格 2019年3月卒業予定の学生
採用予定 若干名
主な勤務地 広島県内、安芸高田市近隣
現場就業時間 8:00〜17:00
応募方法 自由応募(電話・エントリーフォーム)、学校推薦
選考方法 TEL:0826-58-0316 総務部 熊高慎二
面接・筆記試験・卒業見込証明書・健康診断書
初任給 当社規定による
休日休暇 第2・4・5土曜日、日曜日、祝日、夏季休暇、年末年始休暇
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金共済